ドッグフェイム 文太部長が、家庭で出来る敏感肌のためのやさしいシャンプーの仕方を紹介します。
アルビオラは、安心して使える天然成分のペットケアシリーズのブランドです。
ホームドッグフェイム商品案内犬の勉強室会社案内お問い合わせ
 ホーム > ドッグフェイム商品紹介 > アルビオラペットケアシリーズ > 家庭でかんたんシャンプー
アルビオラトップへ
犬用シャンプー
犬用コンディショナー
イヤークリーナー
肉球マッサージクリーム
Ag+除菌・消臭ミストスプレー
原材料は安心成分
アルビオラの原材料は安心のナチュラル素材です。
成分へのこだわり
私たちが最も重視したのは安全性なのです。
Q&A
よく頂くご質問へお答えしています。
やさしいシャンプーの仕方を紹介しています。

お客さまの声
全国からお客さまの声が届いています。
 

アルビオアラトップへ

家庭で出来る、敏感肌のためのやさしいシャンプーの仕方
まずはシャンプー選び
犬は人よりもデリケート。人間用のシャンプーは犬には刺激が強すぎるものがほとんどなのでお勧めできません。犬用シャンプーであっても、敏感肌のワンちゃんには洗浄成分はアミノ酸系や植物由来の低刺激のものを使いましょう。洗浄成分以外にも、犬には好ましくない色々な補助成分、人工香料、刺激の強い防腐剤が使われているものはそれ自体がアレルギーや皮膚トラブルの原因になるので避けましょう。
 1.ブラッシング
シャンプー前にブラッシングで毛玉やもつれ、抜け毛を取っておきます。そうする事で洗う時間だけではなく乾かす時間も短縮できます。長毛犬の場合、クシどおりをよくするブラッシングスプレーを使うと被毛を傷めずに行えます。
 *僕みたいな短毛犬はラバーブラシがおすすめ。長毛犬でスリッカーブラシなどを使う時は皮膚をひっかかないようにしてね!
 2.体を濡らす
体を濡らす基本はお尻から。いきなり顔や背中にシャワーをかけるとびっくりし、おふろ嫌いの原因にもなります!シャワーヘッドを出来るだけ体から離さずにやさしく毛を起こしながらアンダーコートにまでしっかり濡らしましょう。

*あんまり熱いお湯は苦手です。冬でも38度ぐらいが僕たちにとっては一番いいんだよ。
 3.シャンプー(体)
シャンプーによって原液で使うタイプや、希釈して使うタイプがあるので、メーカーの指示に従って使いましょう。
 出来れば薄めるだけでなく、スポンジなどであらかじめ泡立てて使うのがベスト。
 くれぐれもごしごし洗うのではなく、指の腹でやさしく円を描くように洗ってあげましょう。感覚としては指で汚れを落とすのではなく、泡で汚れを落とす感じで、やさしくそしてすばやく洗ってあげるのがコツ。 汚れがひどい場合は、2度洗いをおすすめします。 その際、一回目はおおざっぱに汚れを落とすだけですぐに洗い流した後、2回目をおこないます。

*汚れているからといってゴシゴシしないでね! 
やさしく洗っても、ちゃんと汚れは落ちるんだよ。
 4.シャンプー(顔)
あらかじめ泡立てたスポンジなどを使う事をおすすめします。 顔を洗うときに最も注意するべきことは、目に洗浄剤が入らないようにする事。アルビオラのような低刺激で安心できる成分のシャンプーは、多少染みる程度ですぐに洗い流せば全く問題はありませんが、市販されているシャンプーの中には少量で眼球の表面を溶かしてしまうような洗浄剤もあるので、特に注意!心配な場合や、どうしても犬が嫌がる場合は、特にシャンプーを使って顔を洗う必要はありません。 お湯だけで洗ったり、濡れタオルなどできれいに拭いてあげるだけでも十分清潔に保てます。

*僕みたいに顔にしわがある犬は汚れがたまりやすいからきれいにしてね。あと、足の裏とか指の間もしっかり洗ってね。
 5.リンス・コンディショナー
リンスやコンディショナーを使用するときは、全体になじむように適量をつけます。商品によってはしばらく時間をおくものもありますが、基本的には全体になじんだ時点で、洗い流してあげましょう。
 6.すすぎ
シャンプーだけの場合も、コンディショナーをした場合でもすすぎは特に大切です。濡らす時と同様、シャワーヘッドは体からあまり離さず洗い流してください。頭(顔)→首→背中→おなか→足 の順番で、被毛の内側までしっかり洗い流してあげてください。すすぎ残しは、汚れの原因になるだけでなく成分によっては皮膚トラブルのもとになります。おなか部分は片手でお湯を受けながらゆすってあげるとしっかりすすげます。おなかや脇の部分は特にすすぎが不十分なことが多いので念入りに。
 *すすぎの時も、38度ぐらいのお湯でしてね。夏でも35度ぐらいがちょうどいいよ。
 7.タオルドライ
いきなりタオルで拭くのではなく、手である程度水分を落とします。長毛犬の場合は毛を絞る感じで水分を落とします。
 次にタオルを使用しますが、できるだけ吸収性の良いものを何枚か用意しましょう。被毛内部を拭くような感じで、しっかり水気を拭き取りましょう。吸水タオルを使用するのもおすすめです。ドライヤーは犬にとっては負担になることが多いので、しっかりタオルドライを行い、ドライヤーの時間を短縮できるようにしましょう。

*僕はとりあえずブルブルをして、お手伝いしているよ。 おかあはんもぬれちゃうけどね…。
 8.ドライ
トライヤーはあまり熱くならないもので、尚且つ風力の強いもの。出来ればペット用のドライヤーを使うと比較的短時間でしっかり乾かせます。長時間の熱風で熱中症を起こすこともあるので、ドライヤーの温度には特に注意が必要。途中で水を飲ませたり、冷風にきりかえたりして、体温上昇を防ぎながらしっかり乾かしてください。
 生乾きは雑菌やバクテリアが繁殖しやすく臭いや痒みのもととなるので、被毛の根元までしっかり乾いている事を確認してください。体だけでなく、足の裏や指の間もしっかり乾かしましょう。耳内部は綿棒やガーゼで水分を拭き取ってあげましょう。

*毛の薄いおなかの部分とか、目に直接熱風をあてないでね!やけどしちゃいます!
 9.完成
しっぽのつけ根まで、光沢があるのが健康な被毛のしるし!僕の自慢のミッキー君もピカピカ、ツルツルだよー。