ドッグフェイム 愛犬の健康と長寿を目指して、犬のしつけやお手入れ・病気・健康管理・食餌について
犬飼いのベテランさんも、初心者さんも、一緒に勉強してみませんか?
ホーム ドッグフェイム商品案内 犬の勉強室 会社案内 お問い合わせ
 ホーム > 犬についての勉強室> 歯科関連
犬についての勉強室トップへ
犬を飼う前に
仔犬育て奮闘記
犬のしつけと行動学
犬に関するトリビア
皮膚病関連
歯科関連
感染症関連
その他病気関連
シャンプーについて
お手入れ
健康管理
ドッグマッサージ
犬が食べてはダメなもの
犬の食餌と栄養
犬の歯科関連
乳歯遺残 ◆乳歯遺残  (2009.9.17)
乳歯が残っていると正常な位置に永久歯が生えずに歯並びが悪くなったり、歯と歯の隙間がなくなり食べカスなどが溜まって歯垢がつきやすくなり、歯周病となったり歯肉炎などの原因になったりします。 【続きを読む】

長寿の秘訣は健康な歯! ◆長寿の秘訣は健康な歯!  (2009.4.18)
歯肉(歯ぐき)に炎症を起こしている「歯肉炎」と、歯根膜や歯槽骨にまで炎症が及んでいる「歯周炎」を合わせたものを一般に「歯周病」と呼んでいますが、実に3歳以上の犬の80%が歯周病にかかっていると言われています。 【続きを読む】

歯磨きのポイントとコツ ◆歯磨きのポイントとコツ  (2009.2.10)
おかあはんは今までいろんなセミナーを聴講していますが、獣医さんのセミナーではほぼ全員と言っていいほど「ハミガキをすること!」と声を大にして言われています。それほど歯磨きは健康の鍵を握る大切なケアなのです。 【続きを読む】

犬の歯について ◆歯磨きの極意  (2008.5.1)
歯磨きの習慣はとっても大切!でも、なかなか触らせてくれないときはどうする!? 【続きを読む】

犬の歯について ◆犬の歯について  (2008.4.19)
人間(成人)の歯は32本ですが、犬の歯は全部で何本あるでしょうか? 犬の歯の本数と役割、歯の構造、歯の生え変わりについて。 【続きを読む】

ヒヅメの危険性 ◆ヒヅメの危険性 (2008.4.18)
犬の歯は人間の歯よりも弱く、ヒヅメや骨などの硬いものを噛むと歯が折れる危険性があること、そして、かなり多くの犬がヒヅメで歯が折れたり欠けたりして全身麻酔の治療をするはめになっているということをご存知でしょうか? 【続きを読む】

歯磨き   ◆歯磨き  (2007.4.18)
歯磨きの方法ですが、獣医さんによってはガーゼだけでいいとか、歯ブラシも使った方がいいとかいろいろなご意見があるようですが、歯ブラシだと自分で磨くのと違って歯の感覚がわからず奥までちゃんと届いて磨けているのか・・・ 【続きを読む】

歯を大切に! ◆歯を大切に!  (2007.3.3)
犬の歯が折れるということは病気でも事故でもありません。飼い主が注意さえしていれば防げることです。私も、犬の歯が強いものだという思い込みさえなければ、あの骨さえ与えなければ、文太を歯抜けにさせることはなかったし、・・・ 【続きを読む】

抜歯の話 ◆抜歯の話  (2007.2.19)
ほんの半日の出来事だったのですが、私にとっては長い長い一日でした。 まず、12時前に病院へ行き、先生に問診を受けました(触診及び体温検査等々)。そのときにもう一度歯を診てもらうと、髄の部分が変色してきているようでした。 【続きを読む】

犬の歯の治療 ◆犬の歯の治療  (2007.2.15)
文太とひっぱりっこをしていると、ぽろりと落ちた歯のかけら。慌てて動物病院に駆け込み、文太の歯を見た瞬間先生に「これはちょっと大変ですね・・・」と言われて初めて事の重大さに気付きました。 【続きを読む】

※ご注意
「フレンチブルドッグ文太部長のロハスな毎日」は、文太の飼い主であり、ドッグフェイムの店長でもある「おかあはん」こと前田があくまでも飼い主目線で書いたものです。内容に関しては万全を期するように常に心がけておりますが、基本的には自分の飼い犬である文太を中心に考え、「文太にとって一番よいのは何か」ということを考慮しているため、私の個人的な意見も多分に含まれております。専門的な見解や意見ではないため、病気やしつけの話などはすべての犬に当てはまるとは限らないことをご了承いただき、内容に関しては参考程度にご覧ください。 リンクはご自由にしていただいて構いませんが、当サイト内の記事及び写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
「フレンチブルドッグ文太部長のロハスな毎日」管理人のおかあはんことドッグフェイム店長前田
   
   
 
エムエスグループ Copyright(C)2005-2010MS GROUP Inc. All Rights Reserved.