ドッグフェイム 愛犬の健康と長寿を目指して、犬のしつけやお手入れ・病気・健康管理・食餌について
犬飼いのベテランさんも、初心者さんも、一緒に勉強してみませんか?
ホーム ドッグフェイム商品案内 犬の勉強室 会社案内 お問い合わせ
 ホーム > 犬についての勉強室 > 犬を飼う前に > 犬を飼うということA
犬についての勉強室トップへ
犬を飼う前に
仔犬育て奮闘記
犬のしつけと行動学
犬に関する豆知識
皮膚病関連
歯科関連
感染症関連
シャンプーについて
お手入れ
健康管理
ドッグマッサージ
食べてはダメなもの
犬の食餌と栄養
犬を飼う前に
犬を飼うということA
2004年9月4日、文太が家族の一員になりました。




文太が来てから自分の生活が大きく変りました。



文太と一緒に今まで行ったこともなかったところに行き、
一緒に旅行もしました。





たくさんの新しい友達ができました。
文太がいなければ私の人生で絶対に会うことのなかった人たちとの
素敵な出会いがありました。





文太に一日でも長生きしてほしい、そんな思いから健康について
いろいろ勉強するようになり、日々の生活にも気をつけるようになって、
気がつけば自分自身がすごく健康になっていました。





昔はストレスを溜め込んで胃炎や腸炎など
「精神的な理由」が原因の病気にもよくなっていましたが、
最近はそんなことも全くなくなりました。





「好きなことを我慢してまでも長生きしたくないから、
   寿命が縮まろうが死ぬまで吸い続ける!」
そう豪語していたタバコもキッパリやめました。






ほとんど歩くことなんてなかったのに、毎日1時間も歩くようになりました。





毎日毎日楽しくてしょうがなくて笑わない日はありません。
文太がいてくれるから「寂しい」と思ったこともありません。
凹んだときも文太と一緒にいれば嫌なことはすぐに忘れてしまいます。





ご飯を食べることができる。

一緒に遊ぶ相棒がいる。

ともに歩いてくれる仲間がいる。

安心して眠れる場所がある。

自分のことを愛してくれる存在がいる。


そんな何気ない平凡な毎日が一番幸せだということを、
文太に教えてもらいました。

お金で買えない幸せを毎日たくさんもらっています。









それが、「犬を飼う」ということです。





大変なこともたくさんある。
面倒くさいこともいっぱいある。
お金も時間もかかる。

でも、犬との生活は確実にあなたの人生を豊かなものにしてくれます。
犬は何があっても絶対に飼い主を裏切りませんから。
(フレンチブルドッグ文太部長のロハスな毎日 2008年9月4日の記事より加筆修正)