ドッグフェイム 低刺激犬用シャンプーは犬だけでなく、使う人の肌にもやさしい安心成分で作られています。犬用シャンプーは、厳選された天然のアロマの香りは2種類から選ぶことができます。
ホーム ドッグフェイム商品案内 犬の勉強室 会社案内 お問い合わせ
 ホーム > 犬についての勉強室> シャンプーについて
犬についての勉強室トップへ
犬を飼う前に
仔犬育て奮闘記
犬のしつけと行動学
犬に関する豆知識
皮膚病関連
歯科関連
感染症関連
その他病気関連
シャンプーについて
お手入れ
健康管理
ドッグマッサージ
犬が食べてはダメなもの
犬の食餌と栄養
犬のシャンプーについて
シャンプーのポイント10カ条 ◆シャンプーのポイント10か条  (2009.3.26)
健康な皮膚と被毛を保つためには、正しくシャンプーすることがとっても大切!シャンプーのポイントをおさらいしてみましょう。 【続きを読む】

3ヶ月ぶりのシャンプー ◆3ヶ月ぶりのシャンプー  (2008.12.16)
皮膚も被毛も健康な文太部長は、冬の間は3ヶ月に1度ぐらいでしかシャンプーしなくても大丈夫! 【続きを読む】

シャンプーの間隔 ◆シャンプーの間隔  (2008.3.16)
普段ワンコのシャンプーはどれぐらいの間隔でしていますか? フレンチブルドッグの本などを読むと「脂漏症なので2週間に1回はシャンプーを」というのをよく見かけますが、本当に・・・ 【続きを読む】

犬用シャンプーとは ◆犬用シャンプーとは?  (2008.3.1)
なぜ人間とは別に「犬用シャンプー」があるのでしょうか。人間用のシャンプーを犬に使ってはいけないのでしょうか。人間用のシャンプーとの違いは何でしょうか。まずは人と犬の皮膚の構造の違いから・・・ 【続きを読む】

犬用シャンプーを作った理由 ◆犬用シャンプーを作った理由  (2008.2.24)
現在販売されているペット用のシャンプーは数えきれないほどあります。どれを選んでいいのかわからない、と言う方も多いと思います。意外とご存知ない方も多いと思うのですが・・・ 【続きを読む】

薬用シャンプーの使用について ◆薬用シャンプーの使用について  (2007.6.10)
普段から皮膚病予防のために薬用シャンプーを」ということをよく耳にしますが、何のトラブルもない健康な皮膚の犬に対して予防的に薬用シャンプーを使うことには私は疑問を感じています。  【続きを読む】

洗浄成分について ◆洗浄成分について  (ドッグフェイムHPより)
一般的にシャンプーなどに使われる洗浄成分などを界面活性剤と言います。一口で界面活性剤と言っても、アミノ酸系・ベタイン系・石油系(高級アルコール)など、さまざまな物があり・・・ 【続きを読む】

要注意成分 ◆要注意成分  (ドッグフェイムHPより)
デリケートで敏感な犬に使用する製品に含まれる成分に関して、特に注意する必要がある成分を紹介しています。 【続きを読む】

エッセンシャルオイルについて ◆エッセンシャルオイルについて  (ドッグフェイムHPより)
芳香油などを使ったアロマテラピーがブームとなり、現在ではペットにも応用されるようになってきています。 弊社アルビオラペットケアシリーズにも、天然100%のエッセンシャルオイル・・・ 【続きを読む】

家庭で簡単シャンプー ◆家庭で簡単シャンプー  (ドッグフェイムHPより)
家庭で出来る、敏感肌のためのやさしいシャンプーの仕方を文太部長がご紹介しています。【続きを読む】

シャンプーコンディショナーイヤークリーナー肉球マッサージクリームAg+ミストスプレー超吸水タオル
※ご注意
「フレンチブルドッグ文太部長のロハスな毎日」は、文太の飼い主であり、ドッグフェイムの店長でもある「おかあはん」こと前田があくまでも飼い主目線で書いたものです。内容に関しては万全を期するように常に心がけておりますが、基本的には自分の飼い犬である文太を中心に考え、「文太にとって一番よいのは何か」ということを考慮しているため、私の個人的な意見も多分に含まれております。専門的な見解や意見ではないため、病気やしつけの話などはすべての犬に当てはまるとは限らないことをご了承いただき、内容に関しては参考程度にご覧ください。 リンクはご自由にしていただいて構いませんが、当サイト内の記事及び写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
「フレンチブルドッグ文太部長のロハスな毎日」管理人のおかあはんことドッグフェイム店長前田
   
   
 
エムエスグループ Copyright(C)2005-2010MS GROUP Inc. All Rights Reserved.