文太のお気楽ライフとドッグフェイム情報 last update 2013/06/24 14:50
 HOME  ショッピングガイド  個人情報保護方針  特定商取引法  カゴをみる

カテゴリ一覧

リンク

RSS




 
HOME > おかあはんの親バカ日記 > パピー時代のトイレ事情

パピー時代のトイレ事情

4月16日 日曜日

先週までは紆余曲折を経て結局部屋に開放してお留守番させることで落ち着いたという話をしました。ただ、問題は毎回どこかにおしっこを漏らしていたのです。

実は、文太のパピー時期のしつけで何が一番大変だったかというと、トイレのしつけだったのです。逆に言うと、それ以外の問題行動は意外にもあまりありませんでした。

●  食べ物の好き嫌い → 未だかつて与える食べ物を嫌がったことはありません。何をあげても喜んで食べます。子供の頃フードを何度か変えましたが全然問題ありませんでした。今は完全手作り食ですが、どんな素材でも拒否したことはありません。それどころか薬も喜んで食べるほど味音痴(?)です。

 吠え癖 → 初めの頃、甘え鳴きはありましたが、それ以外は要求吠えなども全くなし。

 噛み癖 → 来たばかりのころは歯が痒いのか甘噛みをよくしていましたが、手を噛み出すと遊びを止めたり、噛んでもいいガムなどを与えることで手に噛み付くことはなくなりました。

 かじり癖 → 家具などをかじったり、トイレシートをビリビリにしたりすることは初めから一切ありませんでした。時々靴下や靴などを持ってきてわざと私の前で噛んでみたりしてイタズラをするときもありましたが、私が無視して別の部屋にこもるということを何度か繰り返すと、やらなくなりました。(甘えん坊の文太の一番の罰は『無視』なので・・・)

●  拾い食い → 与えるものは何でも食べる食いしん坊ですが、鼻があまり利かないのか(?)食べ物が落ちていても気付かないので、拾い食いは家の中でも外でも一切なし。

 誤飲誤食 → 食べ物に限らず、落ちているものの誤飲なども一切ありませんでした(もちろん、口にしてはいけないものを床に落とさないように気をつけるようにはしていましたが。)

このように、他のことはあまり苦労しませんでしたが、しつけの基本中の基本であるトイレトレーニング(食糞も含む)には本当に悩まされました。

その前に文太のトイレ事情を説明しますと、まず4ヶ月でうちにやってきて実家で里子生活をしている頃はまだほとんど覚えられていない状態でした。5ヶ月目に入って私が仕事を辞めてずっとつきっきりでトレーニングできる状態になってからは、随分ましにはなってきましたが、まだまだ失敗する確率も高かったのです。サークルとクレートをくっつけたハウス内にいるときは、ちゃんとトイレシーツを敷いているサークルの方でできていましたが、外に出ているときはおしっこのためにトイレに入ることはほとんどなく、そのままどこかでしてしまっていました。

起きてすぐや食後などおしっこをするであろう時間を見計らってトイレに連れていって声をかけながらおしっこを促したりしましたが、おしっこはせずにそのままトイレでスネて寝たりするので「大丈夫なんかな〜?」と思って外に出したとたん、そこでするといった状態が続いていました。

仔犬の排泄は『月齢+1時間間隔』でやってくるのが目安だと本には書いていたのですが、そうなると5ヶ月の頃は6時間置きということになりますが、6時間も間隔はありません。その頃でもまだ昼間は23時間置きにはおしっこをしていたと思います。だいたい同じ時間におしっこをするとも書いてあったので、行動記録(ごはんの時間、排泄した時間、寝た時間、遊んだ時間等)を時系列でメモにしてみましたが、不思議なことに寝る時間、遊ぶ時間はほとんど毎日同じ時間にしていましたが、排泄時間やパターンは日によって全然違うので参考にはなりませんでした。

それでも、毎日毎日来る日も来る日も起きたとき、遊ぶ前にトイレでおしっこさせ、また外に出しているときもおしっこしそうなそぶりを見せるとすぐにトイレに連れていき、トイレでおしっこすると毎回大げさなぐらい褒めてちぎってご褒美のおやつをあげ、外で遊んであげるということを地道に続けた結果、6ヶ月目に入った頃になるとようやく自分からトイレに入っておしっこをしてくれるようになってきました。

そんな風にトイレの成功確率もほぼ100%に近い状態になってきたこともあって、部屋に開放しての留守番に踏み切ったわけですが、これがまた新たな悩みの種となったのです。そう、普段はトイレでおしっこができても留守番となると毎回どこかにおしっこを漏らすようになってきたのです。これも分離不安の症状だったのだと思います。でも、それ以外は特に破壊行動や吠えるなどの問題行動はなかったので、なんとか頑張ってその状態で留守番できるように訓練することにしました。

お布団、サイコウ! 寝ているときは天使、起きてるときは・・・

来週は分離不安との戦いです。


その他おかあはんの親バカ日記はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=591&eid=111

コメント

1. 名前:おかあはん - 2006/04/17 07:57
patoママさん: その当時は毎日雑巾片手にあちこちおしっこ掃除でいい加減うんざりしてましたからね〜。でも後から改めて考えると、それさえなければ意外とあとはおりこうだったのかな?とこの記事を書きながら思いました(笑) おしっこのはみだし、わかります!本犬はちゃんとできてるつもりで、褒めてもらおうと満面の笑みで待ってるんですけど「惜しいっ、惜しいのよっ!!」って感じなんですよね。 「なんで家の子だけ?」って、パピーのときは思いますよね〜。 私はいつも、あまりにも覚えの悪い文太に心配したり落ち込んだりしてたので、もし今仔犬育てに頑張ってるママ達が見てくれて、参考にはならなくても「みんな通ってきた道」と励みになってもらえればな〜、とこのしつけ苦労話を書くことにしたんです。 パピー時代を無事乗り切ったpatoママさんのような方たちにも「あの頃」を懐かしく思いだしてもらえれば嬉しいです!
2. 名前:patoママ - 2006/04/16 21:39
文太くん、おしっこの他はほんとにいい子だったんですね。 飼い主にしてみればどれもちゃんとして欲しい事だらけですね。家はどれもが当てはまります(笑)どちらかが出来る出来ないと毎日自分との戦いのようでした。patoはシートにしてくれますが そのシートには前足だけがしっかり乗ってる状態でいつもシートの端にかかるので裏がビショビショ!patoにしてみれば、ちゃんとしてるやん!と思うに違いないし怒ることも誉めることも出来ず、 する時を見計らってお尻をグィグィ押してシートの真ん中へ・・・なんてことが随分続きました。 まだまだあるのですが、おかあはんの日記より長くなりそうなので(笑) 今までのことを振り返りながら楽しく拝読させて戴いてます。何で家の子だけ?という疑問が無くなりました(笑)来週が楽しみで〜す♪

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Powered by Estore

 

カレンダー


新着情報

おすすめ商品

低刺激シャンプー(ミント)
安心して使える天然成分を使用しています。
低刺激シャンプー(フローラル)
安心して使える天然成分を使用しています。
コンディショナー
プロも納得の仕上がりです。