文太のお気楽ライフとドッグフェイム情報 last update 2013/06/24 14:43
 HOME  ショッピングガイド  個人情報保護方針  特定商取引法  カゴをみる

カテゴリ一覧

リンク

RSS




 
HOME > 皮膚トラブルについて > 皮膚トラブル発生

皮膚トラブル発生

9月2日 土曜日

文太は去年の今頃皮膚トラブルで悩まされていました。結果から言うと、心配したほど酷いことにはならず、今は完治していて今年は全くなんの問題もなく夏も過ぎようとしています。もっと酷い状態で日々闘っていらっしゃる飼い主さんからすると「そんなことぐらいで悩んでたなんて言うな〜!」とお叱りを受けそうなぐらい今から思うとたいしたことはなかったと思いますし、幸いなことにあっけなく治ったのですが、当時は毎日心配で心配でどうにかなりそうでした。

症状の差はあれ皮膚トラブルに悩むワンコは多く、特にフレンチブルドッグは皮膚疾患が多い犬種なので何かの参考になればとそのときのことを書こうと前々から思っていたのですが、どうせ書くなら今同じように悩んでおられる方に少しでも何か回復のヒントになるようなことを、と思ったということと、不特定多数の方がご覧になるブログ上で書くからにはいい加減な間違ったことは書けないので、当時調べたことをもう一度いろいろと調べ直してまとめているうちにすっかり時間がかかってしまいました・・・。今もまだ引き続き勉強中のため、とりあえず現段階で私が理解したことから順に何回かに分けて書いていきますので、話が脱線したり重複したりあちこちとんだりすることもあるかもしれませんが、できるだけわかりやすく書くつもりですので興味のある方はお付き合いください。

文太が12ヶ月の頃、去年の7月の中旬ですが、しきりに頭を掻くようになりました。よく見るとブツブツができていて赤くなっていました。初めそれを見たときは「文太もとうとう皮膚疾患に・・・」といや〜な予感がしたのですが、そのときはちょこっと赤くなっているぐらいであまり酷くもなかったので、とりあえずしばらく様子を見ることにしました。

そのときにちょうど手作り食の本をお借りする機会があったので、読んでみました。そして、その本を読んで初めてドッグフードに含まれている添加物が少なからず体に悪影響を及ぼしていることを知りました。文太のこのブツブツももしかして今まで摂取してきたフードの添加物が原因?という疑いが沸き起こってきました。それまでフードやおやつの添加物の影響など考えたこともなく、平気で市販のものを何でも与えていたのです。それまで摂取してきた体に悪いあらゆる物質が体内に蓄積され、「もうこれ以上は無理!!」と体外に排出しようとして皮膚に症状が出る、ということは充分に考えられることです。

その本を読んで毎日の食の大切さを痛感し、それから手作り食にすることにしました。(手作り食について詳しくはこちら)もちろんフードから急に手作りにすると消化機能がうまく働かないので、初めは野菜をトッピングするぐらいから始めて徐々に2週間ぐらいかけて完全手作り食に移行しました。

その間、文太のブツブツはどんどんひどくなってきました。手作り食にするとそれまで体に溜まった悪いものが出る「排毒」と言う作用があり、毒素が体内からどんどん出るためブツブツがいったんひどくなるということはその本を読んで知ってはいたのですが、文太のブツブツが本当に排毒作用なのかは素人の私に判断できるわけもありません。もしかしたら排毒作用などではなく、別の皮膚病なのでは?という気もしてきました。もしそうならこのまま放っておいていいのか、と思いやはりここは獣医さんに判断を仰ごうと思って病院に行きました。

健康優良児だった文太はそれまで健康診断と狂犬病の予防接種でしか病院に行ったことがなかったのですが、少しでも詳しく診てもらいたいと思い、いつも行っていた病院ではなく皮膚病に強いと言われる病院を知人に教えてもらってそこへ飛び込みで行きました。でも、診断の結果を聞いて病院に行ったことを後悔しました。

「アレルギーですね。とりあえず、抗生物質とアレルギーの薬を出しときます。」

そう言われたのです。パッと見ただけで簡単に。

なんとか原因をつきとめて薬に頼らず根本的に治してあげたいと必死だった私にとって、そのとき獣医さんに診てもらうというのは「万能の神様にお願いに行く」ことぐらいに思っていたので、この一言には正直ものすごく落胆しました。

それで済むんやったら私でも獣医になれるわい!!

それがそのときの素直な感想でした。

『アレルギー』って便利な言葉やな。原因不明の皮膚病に使えるねんから。アレルゲンがわからないのに「アレルギーの薬」って何ですか。何のアレルギーに効くんですか。どういう風に効くんですか。全てのアレルゲンを退治するのですか。良い菌まで殺してしまって体内のバランスが崩れてしまったりしないんですか。抗生物質とどう違うのですか。その薬が効いていったん治まったとしても、薬が切れたらどうなるんですか。その薬が効かなかったらどうするんですか。もっと強い薬を飲ませればいいんですか。そうやってうちのコは薬漬けになっていくんですか。

かなり歪んだ感情でそう思いました。

後になって冷静になって考えて見ると獣医さんとしては当然の処置だったのかもしれません。獣医さんの役目、特に私たちのように「ブツブツができました」と一見で来ている患犬に対しては「とりあえず、薬で様子見ましょう」というのが役目なのかもしれません。獣医さんの役割と患犬に対しての責任は「たとえその場しのぎであっても治すこと」なのかもしれません。でも、飼い主である私の役割は違います。文太の一生に責任を負うのです。とりあえず治まればいい、とその場しのぎで薬に頼るより、根本的にアレルギー体質を治したい、そう思うのは当然でしょう。

私にはもちろん獣医学の専門知識などありません。専門家である獣医さんに反論する資格もありません。でも、だからと言って「抗生物質とアレルギーの薬で様子を見る」という獣医さんの意見にはどうしても納得できませんでした。薬に頼るのは副作用も心配です。「とりあえず、この痒みが治まるようにする」のが役目の獣医さんと、「もしかしたら今後一生皮膚トラブルと付き合わなければならないかもしれない」飼い主である私とでは責任の重さが違います。他の病気と違って皮膚トラブルは命にかかわるというわけではありませんが、場合によっては一生つきあっていかなければならないものです。文太の一生を薬漬けにすることだけは避けたかったのです。

(次週に続く・・・)


その他皮膚トラブルについてはこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=591&eid=244

コメント

1. 名前:おかあはん - 2006/09/04 12:46
びーたんさん: こんにちは!お忙しくされていたのですね。もう落ち着かれましたか? そうなんです、ちょうど去年の今頃なんですけどね、まぁ結果的にはたいしたことなく済んでよかったのですけど、当時はいつ治るかわからない不安で、ひどくなったらどうしよう、とそればっかり考えてあれこれ悩みました。でも、薬漬けだけは絶対にイヤだったので、恐れ多くも獣医さんの意見に真っ向から反対して自力で(?)治しました(笑)びびあんちゃんは丈夫でよかったですね!飼い主にとって元気でいてくれることが一番嬉しいですよね!
2. 名前:おかあはん - 2006/09/04 12:42
ヒロさん: ほんと、フレブルのコって多いですね〜。昔飼ってた犬(雑種)はな〜〜〜〜んにも問題なかったんですけど。 特に梅雨時期からじめじめ蒸し暑くなってきたころからあちこちのサイトで「カイカイが・・・」っていう記事を見てたので、早くこのことを書かなくては・・・と思いつつ、皮膚病ってとてもとても奥深いので今いろいろと勉強中なのですけど、どんどん深みにハマってます(^^;) でも、少しでも困っている飼い主さんの役に立てればと思っているので、がんばってこれからシリーズ完成させていきま〜す(完成する日がくるかどうかは未定・・・笑)
3. 名前:文太 - 2006/09/04 12:38
武蔵くん: 武蔵くんもカイカイやったん〜。ボクもパンは大好き!ミルクとりんご酢でチーズ作れるん!?武蔵くんのおかあちゃんはすごいなぁ。 そいで栄養いっぱいあるもの食べさせてもらってるねんな! それが一番やと思います〜♪ おかあはんはボクのこと溺愛してるよ。ぐふふ。たぶん自分のことやったら放っておくようなこともボクのことやったら必死になるねん★ だから実は家族で一番ボクが健康やったりします(^^)
4. 名前:びーたん - 2006/09/04 11:15
お久しぶりです、色々と忙しくしておりまして、ブログ拝見出来ずにいました。文太さん、皮膚疾患大変だったんですね。でも勉強家のおかあはんの努力のたまものですね。私も、フレンチを飼おうと、決心する前、悩みましたよ。皮膚のアレルギーが出る子が多いと聞いていましたから。でも仔犬の頃のかわいさに負けて、覚悟を決めました。ところが、ウチのびびあんは、幸せなこと市販のフードで(一番アレルギーがでないといわれるもので)いまだ皮膚もきれいですし、病院のお世話になるのは、狂犬病と8種だったかの混合ワクチンを受ける時だけです。ホント元気な子でありがたいです。
5. 名前:ヒロ - 2006/09/04 03:59
フレブルって本当に皮膚が弱いですよね>< うちの子も梅雨時にブツブツが出たことがあって 当時は病院でシャンプー時に使う 薬用のシャンプー?を使ってましたね。 今回の記事を見て ご飯によるトラブルもあることに 驚いちゃいました! 是非次の記事も期待です!!
6. 名前:武蔵 - 2006/09/03 21:18
おかあはんこんばんは!僕も1歳の夏はかいかいです。僕はパンが大好きでおかあちゃんがミルクとりんご酢でチ〜ズ作ってくれて朝はよく食べてたんだけど、耳がカイカイで文太部長のだ〜い好きな病院へいきました。パン、ミルク、卵夏の間は食べると駄目.....ショックです。夜はかぼちゃ、さつまいも、ごはん、鳥軟骨野菜沢山たべてます。おかあはんは、文太部長が最高に好きなんですね(^3^)僕たちも長生きしたいよ
7. 名前:おかあはん - 2006/09/03 13:29
コアママさん: ナイスタイミングでしたか。兄弟愛のテレパシーでキャッチしました(笑) 特に夏場はカイカイで悩んでる方が多いですからね。早くこのことを書こうと思っていたのですがまずは自分が理解することが先ですからいろいろ勉強しているうちにこのタイミングになっちゃいました。 メールお待ちしてま〜す♪
8. 名前:コアママ - 2006/09/02 20:32
おかあはん、昨日の記事も今日の記事もナイスタイミング。 やっと今まで使っていたシャンプーがなくなったので、注文しよーと思ってたんです・笑 そして今日の記事、友人とこのnoniが最近体にぶつぶつが出来だし、そうとう悩んでまいっているんです。 そういえば文太君も一度なったって言ってたな〜と思い、また相談させてもらおうと思っていた矢先でした。 おかあはん、すごい! 月曜日にメールで相談させてください〜。

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Powered by Estore

 

カレンダー


新着情報

おすすめ商品

低刺激シャンプー(ミント)
安心して使える天然成分を使用しています。
低刺激シャンプー(フローラル)
安心して使える天然成分を使用しています。
コンディショナー
プロも納得の仕上がりです。