文太のお気楽ライフとドッグフェイム情報 last update 2013/06/24 14:52
 HOME  ショッピングガイド  個人情報保護方針  特定商取引法  カゴをみる

カテゴリ一覧

リンク

RSS




 
HOME > おかあはんの親バカ日記 > 文太との出会い 〜後編〜

文太との出会い 〜後編〜

3月12日 日曜日

先週は京都のとあるペットショップで文太の写真を見て「ビビビ!」ときた話をしました。今日はその続きです。

その日うちに帰ってからも心の中では保育所にいるあの仔犬のことでいっぱいでした。まだ実際に会ったわけでもないのに。何度も何度もあの子の写真を眺めてみました。あの子がうちにいて一緒に暮らしているところを想像するとわくわくしました。もはや自分の犬のような気持ちになってしまっていました。でも、そのときはまだ仕事を辞める1ヶ月前。今家族に迎え入れてもちゃんと面倒を見られません。ちょっと冷静になって考えてみようと思いました。

いやいや、あかん、あかん。こんなに慌てて決めてしまったらあかんやろ。もっとじっくり考えていろんな犬舎、いろんな仔犬を見せてもらってから決めるはずやったやん。あの子のほかにももっといい子がいるかもしれへん。今飼えへん状態やねんやったら、あの子は運命の子じゃないのかも・・・。

そう思ってそれからまたインターネットで仔犬情報を片っ端から見てみました。どの子もかわいいけど正直みんな似たり寄ったりに思えました。あんなにはっきり「この子!」と思える子が他に見つかりません。どうしよう。本当にあの子が運命の子なのかも。でも、実際に会ってみるまではまだわからない。・・・でも、そうこうしているうちにあの子が他の家族の元に行ってしまったら?

堂々巡りで考えあぐねているうち、どうしても一度会いたくなってしまいました。会って確かめたかったのです。あの子が本当に運命の子なのかどうか。会えばまた印象は変わるかもしれない。こないだ店にいたブリンドルの女の子のときのように「このコじゃない」と思うかもしれない。いてもたってもいられなくなったので、その週末、保育所から店頭に連れてきてもらって会う約束をしたのです。

そして、約束の8月末の土曜日。『文太』と初めての対面。それまでケージでお昼寝していたという彼をショップの人が連れてきてくれて私に渡してくれました。初めて文太をこの腕に抱いた感触は今でもはっきりと覚えています。彼はまだ眠いのか抱き上げると私の腕の中で寝てしまいました。時々目が覚めて私を見上げては「あんた誰?」とでも言いたげな顔でじっと見つめています。うるうるした瞳。小さくて、頼りなくて、かわいくて、愛しくて・・・。私は子供を生んだことはないのですけど、文太を抱っこした瞬間、それはそれはもう・・・

母乳が出るかと思いました。

そうこうしているうちに文太は起きだしてうろうろし始めました。色んなものに興味津々であっちへ行ったりこっちへ来たり元気いっぱいです。名前を呼ぶと嬉しそうに私たちの方に近づいてきて手や足にじゃれついてきました。そのとき私はもう「この子はうちに連れて帰る!」と決めていました。いや、正確に言うと、初めて文太の写真を見たときから私の心はもう決まっていたのだと思います。

でも、一応健康状態についてはお店の人に確認しました。それまで病気等一切ない健康優良児とのこと。しつけの本に書いてあったとおり、身体の状態もしっかりこの目で確かめました。目がイキイキしているか、目ヤニで汚れていないか、耳の中が清潔できれいか、悪臭はしていないか、お尻周りは汚れていないか、鼻は湿っているか、口の中が悪臭がしないか、等々。毛艶もよく、皮膚にも異常は見られません。よし、合格!

お店の人から生命保障等の説明を受け、購入手続きをして引き渡しを次の週の土曜日に指定し、その日はお別れしました。

そして、200494日、待ちに待った日。文太が家族になる日です。やっとこの日が来た!準備は万端、車でお店まで迎えに行きました。お世話になったお店の人と、保育所のトレーナーさんに最後の挨拶をしてとうとう我が家へ!文太は車中、お店でいただいたメッセージ付きの段ボウル製キャリーケースの中でごそごそしていました。「ボク、どこに連れて行かれるの?」と不安そうに時々中から見上げています。「大丈夫。これからずっと一緒やからね。これからいっぱいいっぱい、楽しいことしような。」

この日の私は本当に幸せそのものでした。嬉しくて嬉しくてしょうがありませんでした。これから文太との楽しい毎日が待っているかと思うとわくわくして興奮していました。

そう。このときの私はまだ知らなかったのです。

文太との楽しい時間以上に、今後始まる仔犬育ての悪夢の日々が待っていようとは・・・。

 ウォークマンのサルのCMを真似してみました。 かわいさ満点や!

来週からは天使の顔をした悪魔君との格闘の日々のお話でーす。


その他おかあはんの親バカ日記はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=591&eid=76

コメント

1. 名前:おかあはん - 2006/03/14 10:37
ガレットさん: ありがとうございますぅ。 このブログが何かの間違いで書籍化される→ その本が何かの間違いでドラマ化される→ 文太がクーちゃん並みの売れっ子タレントになる→ おかあはんはカリスマおかあはんとなり、エッセイなんか書いちゃったりして憧れの印税生活を送る→ おかげでドッグフェイムが皆さんに支持されペット業界No.1になる♪  以上、おかあはんのわらしべ長者計画ですが。 夢は大きく持たないと。(笑)
2. 名前:ガレット - 2006/03/13 21:04
おかあはんの表現最高です@母乳・・って:笑 なんだか妙に説得力あります! ね、原稿を書く仕事もなさってはいかがでしょう?ひょんなことから(どんな??)ドラマ化されたらえらいこっちゃーー:爆っ
3. 名前:おかあはん - 2006/03/12 17:03
patoママさん: その通りですよねー。他の子とは違う何かを感じたら、そのコはきっと運命の子なんだと思います。言葉では説明できないんですよね。 すっかり大人になってしまった今でも、昨日のような寝顔を見てたりすると、かわいくてかわいくて母乳が出そうになるときがあります(笑)  来週からはいよいよ苦労日記ですよ〜。
4. 名前:patoママ - 2006/03/12 13:30
一度「この子だ!」と思った瞬間からもう「運命の子」なんだと思います! 他の子を見ても胸騒ぎのような気持ちが出てこないですよね。 これって言葉で表現出来ない感覚ですね! 大きな字が飛び込んできて「母乳が出るかと・・・」 あ〜ビックリした(笑) でもそう思うくらい自分の子の感触だったんですね! すご〜くわかります(感) えっ!いいとこで続きですかぁ(笑) また楽しみに寄せてもらいます♪

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Powered by Estore

 

カレンダー


新着情報

おすすめ商品

低刺激シャンプー(ミント)
安心して使える天然成分を使用しています。
低刺激シャンプー(フローラル)
安心して使える天然成分を使用しています。
コンディショナー
プロも納得の仕上がりです。