文太のお気楽ライフとドッグフェイム情報 last update 2013/06/24 14:52
 HOME  ショッピングガイド  個人情報保護方針  特定商取引法  カゴをみる

カテゴリ一覧

リンク

RSS




 
HOME > おかあはんの親バカ日記 > 文太が家族となった日

文太が家族となった日

3月19日 日曜日

今日はまず、最初に懺悔します。

今までペットを飼うことについて、さんざんえらそうに能書きをたれてきましたが、実は文太を飼うことを決めたのはほとんど衝動的でした。もちろん、犬を飼うつもりではいましたが、もう少し環境が整ってから仔犬を迎えるつもりでいました。でも、予定より早く「運命の子」に出会ってしまったがために、何かとしなくてもいい苦労をするはめになってしまったのです。ま、それは自業自得ですし、そんな犠牲を払ってまでも文太と出会えたことは価値のあることだったと思うのでいいのですが・・・。

「文太との出会い」で言ったように、文太を迎えたとき実はまだ会社を辞める前でした。9月末日で退社することになっていたので、まだ約1ヶ月弱あったわけです。それでも楽天的な私は「なんとかなるやろ♪」と考えていました。そう思う根拠は一応ありました。

一つ目は、以前仔犬から犬と暮らした経験です。当時私は中学生で母が主に面倒を見ていましたが、文太のときほど仔犬育てに苦労した覚えはなかったのです。毎日学校から帰って来て仔犬と一緒に遊ぶのが楽しかったという記憶しかありませんでした。また、母からそんなに大変だったという話も聞いたことがなかったので、まぁ大丈夫だろうと思っていたのです。二つ目は、世の中共働きの夫婦や一人暮らしの方でもペットを飼ってらっしゃる家庭はごまんとあるわけで、皆さんうまくやっておられるようなので、1ヶ月ぐらいなんとかなるやろ、と。

初めのうちはちょっとかわいそうかもしれんけど、保育所でもおりこうでよく寝てたって言ってたし、お昼に様子を見に会社から戻って、ごはんあげてちょっと遊んであげれば大丈夫やろ、と。毎日お昼に帰るのはちょっと大変かもしれんけど、それぐらいはやってあげやな。そうすればなんとかなるやろ。ハクナ・マタタ♪ハクーナ・マタータ♪♪と呑気に構えていました。

実際、なんともならなかったわけですが。

文太を連れて帰ってきた日、いきなり自分の考えの甘さを思い知らされました。最高に幸せな気分で家に帰ってきたのですが、仔犬のしつけは家族となったその日から始まります。なまじしつけの本を何冊も読んでいたために、その日から私はしつけマニュアル思考に凝り固まった教育ママになっていました。

マニュアルその 〇童い魴泙┐親はかまいすぎず、ゆっくり休ませて落ち着かせましょう。

ちょっとだけ部屋で遊ばせて幸せ気分を満喫したあと、用意していた文太スペース(サークルにベッドとトイレを置いたもの)に「これからここが文ちゃんのおうちよ〜。今日はゆっくり寝て、起きたらまた遊ぼね♪」と言って閉じ込めました。

現実その ‘輿蓋知らぬ人間に見知らぬところに拉致され、一人ぼっちにされてゆっくり寝るわけがありませんっ。

すぐにキュンキュン鳴き始めました。

マニュアルその◆〔弔い討睫技襪垢襪海函もしくは天罰法で。

そうそう。鳴いてもここで構ったらあかん。「構ってほしかったら鳴けばいいんや」と学習しよる。かわいそうやけど、無視、無視、無視・・・・

現実その◆.ュイン、キュイ〜ン・・・・キャン、キャン・・・・ギャン、ギャン!・・ギャオ〜ン!ギャオォ〜〜〜ン!!・・・・しまいには遠吠えです。

夢にまで見た仔犬。私の小さい宝物。その子がこんな悲しそうな声で鳴いてるのを無視できる人がいたらお目にかかりたいです。

マニュアルその ハウスにいてもおもちゃを与えるなど犬が寂しがらないような工夫をしてみましょう。

おもちゃ、おもちゃと。はいは〜〜い。さっき遊んでたおもちゃですよ〜〜!ほら、文ちゃん、さっき楽しそうに遊んでたやろ?このおもちゃ、気に入ったやろ?はい。あげる!この子と一緒にねんねしよっか〜?

現実その おもちゃをハウスに入れてもまるで無視。

おもちゃが欲しいわけではないのです。一緒に遊んでほしいのです。さっきあんなに楽しそうに振り回していたおもちゃがそばにあっても、まだ悲しそうに不安そうにサークルの中から私の顔をじっと見つめています。

マニュアルそのぁ”屋を暗くして時計をそばに置いたり、ラジオやテレビをつけっぱなしにして安心させましょう。

時計、時計、と。テレビの音もちょっと大きくして、と。サークル全体にカバーをかぶせて中を暗くしてみるか。

現実そのぁ〜瓦効果なし。そんなことで騙されやしません!!

はっ、話が違うやないの!!しつけの本通りにうまいこといかへんやないの!!

とにかくサークルに慣れてもらうために、サークルに入れたまま私がその横でやさしく声をかけながら一緒に添い寝してみました。すると、ようやく安心したのか寝始めました。でも、すやすやと寝ているところを見計らってそーっとそばを離れて部屋を出るとすぐに気付いてまたキャンキャン鳴きます。しばらく無視してたらまただんだん鳴き声がひどくなってギャオ〜ン、ギャオ〜ン・・・で、またそばで添い寝、の繰り返し・・・。うちに来た日はそんな感じで、次の日の日曜日も同じような状態でした。

どうしよう・・・。こんな状態で何時間も留守番なんか絶対できへんし、心配でひとりにしておかれへん・・・。なんとか頑張ろうと思いましたが、所詮2日で慣れさせようと思ったのが無理なようでした。やはりこの状態で留守番させるのはどうしてもかわいそうだったので、ある決意をしました。

この頃まだこんなにチビコやってんで〜。 ボク、この先どうなるん?

続きは来週のお楽しみ!


その他おかあはんの親バカ日記はこちらから>>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://hpb.rentalserv.net/cgi-bin/tb.pl?bid=591&eid=83

コメント

1. 名前:おかあはん - 2007/02/08 13:51
みなさん: コメントありがとうございます♪ そうですよね〜、やはり皆さん同じですよね。このときは必死でしつけの本どおりにやろうとしていたのですが、初日から打ちのめされてしまいました(笑) 一度一緒に寝てしまうともう元には戻れませんよねっ! 私の場合は文太もそうですが、何よりも飼い主が一緒に寝る幸せに取り付かれてしまってサークルへは戻せなくなっちゃいました。もちろん今も一緒に寝てますが、ものすご〜〜〜く邪魔なんですけど、幸せかみしめてます♪
2. 名前:みな - 2007/02/08 12:45
たしかに! 我が家にジャッキーとバフィーが来た日も あの悲しげかつ愛らしい声をきくと とてもサークルの中にいれておけず。。。 ついベッドにいれてしまったら、 もちろんその日から彼らの寝床は人間さまの ベッド。 しかも綿布団は無視。羽根布団に直行する日々でした。
3. 名前:おかあはん - 2006/03/22 15:37
patoママさん: あ!私が一番言いたかったことを先に言われてしもた(笑)!そうなんです。その子にあった方法っていうのが一番大事だということが今ならわかるんですけどね、初めのうちはマニュアル信者だったもので本の通りにできなくてオロオロしてました(笑)うちも今はサークルとっぱらちゃって自由にさせてます。
4. 名前:patoママ - 2006/03/22 13:37
ちょっとうっかりして慌ててきました(笑) むか〜し、若かりし頃?もち独身の時、子犬を迎えた時のこと思い出しました・・・ 人に聞いたり本を読んだり・・ まったく役に立たなかった!というより その子には合ってもこの子には・・という感じです。 patoの時は文太くんと同じでそれはそれは悲しそうな声でずっと鳴いてました。 無視することはpatoママには出来ませんでした。 結果、今はサークルは片付けてしまい、リビングがサークル化してます(笑) そしてさくらと添い寝です。 サークルで寝起きする方がいいと思うけれど 家の状況、環境でサークル無しでもいいなかと思ってます。 来週は遅れないように来なくては(笑)

コメントを書く
名前

メールアドレス

URL

コメント


Powered by Estore

 

カレンダー


新着情報

おすすめ商品

低刺激シャンプー(ミント)
安心して使える天然成分を使用しています。
低刺激シャンプー(フローラル)
安心して使える天然成分を使用しています。
コンディショナー
プロも納得の仕上がりです。